思い込みは、脳の最高の省エネシステム


他人の気持ちになってみることは大切です。

そうすることで突発的な感情を抑え、

次のアイデアを出す時間的猶予を得られるからです。

しかし、自分が考えた「相手の気持ち」は推測に過ぎず、

本当の「相手の気持ち」は、

きっと一生懸命考えても出てきません。(^_^)

脳は体重の2%の重量しか無い臓器なのに、 栄養の20%、酸素の25%を消費します。 そのため「選択的情報収集」と「思い込み」という 最高の省エネシステムが備わってます。 自分が欲しい情報しか集めず(見えず、聞こえず)、

その他の「現実」は脳がヴァーチャルにねつ造して、

それを現実と認識します。

だから、自分の立場では他人と同じ情報を集めることが出来ないのです。

そうやって生まれてから今までの間、

他人とは違う情報を集め続けて今に至っています。

では、どうするのが一番かというと「相手に聞く」。

または、相手に質問してもらうのです。

相手に聞けば、自分とは違う感受性で得られた何かを得られます。

相手に質問してもらえれば、

自分では思いつきもしない自分の扉を開けられます。

だれかと意見が合わないときは、

「脳の省エネシステムのお陰でまた話がズレてしまった」と考えて、

相手に聞くか、質問してもらうことで、

第三の解決策を見つける糸口をつかめます。

shinzo


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 by バネトレⓇ   Level Up Sports,inc.